4歳、気管支炎で入院の可能性も、コウケントーで治癒

4歳の子供がアトピー持ちで虚弱体質のため、風邪をこじらせてしまいました。喘息持ちなので、咳がひどく熱も一週間くらい下がっては上がり40度近くまでいくを繰り返していました。

小児科ではステロイドと抗生剤の点滴を週に二回したけど、よくならず。熱痙攣っぽいのあったので、救急病院にかかる。

血液検査の結果、熱けいれんは大丈夫そう。レントゲンでは肺炎までは行ってないが、気管支炎ということで入院するか帰宅するか選択してくださいと先生に言われる。

1周間熱が下がらないので入院して治したほうが良いとも言われるが、下の子がいる場合の親の付き添い入院は大変なので自宅に帰ることに。よくならなければ、入院することにしました。

家でできることは、コウケントーと思いさっそく、3000-5000のカーボンをあてる。コウケントーの本にも、喘息の発作が出たら足裏を30-60分あてると書いていたので、足裏をひたすらあてる。

寝る前や起きがけに咳が出るのでかわいそうなので、寝る前に咳が出たら光線治療をずっとしていました。ウトウトして気持ちよさそうに寝てくれました。コウケントーの効果なのか、いつもより咳も減っていました。

救急病院のあとかかりつけの小児科でみてもらいましたが、気管支炎で入院しなくても大丈夫になりました。薬を飲みきる程度ですみました。引き続き光線をあてています。